none
MSFCにおけるクォーラムディスクの動作について RRS feed

  • 質問

  • ご担当者様

     

    MSFCにおけるクォーラムディスクの動作について質問したくご連絡させて頂きました。

    MSFCを構築(OSWinodow Server 2012、ノード数は2、クォーラムのモードは「ノード及びディスクマジョリティ」)し、

    FCケーブルの抜線試験(以下の【1回目】~【3回目】)を実施したところ、以下のような結果になりました。

    (※サーバA、サーバBで抜線試験を実施したとします)

     

    1回目】サーバA抜線(抜線前の所有者はサーバA、抜線後の所有者はサーバB

    ⇒結果:クォーラムディスク・共有ディスクともにオンライン

    2回目】サーバB抜線(抜線前の所有者はサーバB、抜線後の所有者はサーバA

    ⇒結果:クォーラムディスクがオンライン・共有ディスクがオンライン

    3回目】サーバA抜線(クォーラムディスクを手動でオンライン・所有者をサーバAにした)

    ⇒結果:クォーラムディスクがオンライン・共有ディスクがオンライン

     

    ※【2回目】【3回目】のクォーラムディスクのみ“オフライン”になった状態でも、

    共有ディスクにはアクセスと書き込みが出来ているので、クラスタとして機能していることは確認済です。

    <確認したい内容>

    共有ディスクにアクセスできるが、クォーラムディスクがオフラインになる状況はありますか?

    よろしくお願い致します。


    2014年10月20日 9:57