none
Hyper-V 3.0 可変ディスクについて RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    Hyper-V可変ディスクの仕様について、確認させてください。

    以下のような仕様と聞いておりましたが、認識正しいでしょうか。

    ・仮想マシン内でデータを削除しても、vhdxの容量は変わらない。

    ・vhdxの容量を減らすためには「最適化」処理を実施する必要がある。

    ・最適化処理を行わないと、データの開放がされずディスク容量がどんどん増えていくため、最適化を定期的に手動で実施する必要がある。


    以上、よろしくお願いいたします。

    2017年1月30日 11:14

回答

  • こんにちは。

    記載いただいた認識で正しいと思います。

    下記スレッドにも記載がありますが、VHDの最適化を実施しても想定する効果が得られない場合は仮想マシンでもデフラグを実施することも効果があるということです。

    仮想ゲストのデフラグについて

    Hyper-VのVHDXファイルのサイズについて

    2017年1月30日 11:50
  • こんにちは。

    容量可変のVHDを作成する際に指定した容量以上になることはないと思います。

    仮想マシンから利用できる容量は、VHDファイルの作成時に指定したサイズがMAXになります。

    >最適化しないとvhdまたはvhdxファイルの容量がどんどん増えていくと思いますが、

    こちらですが、仮想マシンに接続したVHDファイル内に書き込んだデータを削除しても、最適化(デフラグ) しない限りすでにデータが書き込まれた状態となるため、VHDファイルのサイズは小さくなりません。

    しかし、再度 仮想マシンがVHDに同じ容量のデータ書き込みをした場合に、新たな未使用領域が利用されるのではなく、すでに書き込みされた領域にデータ書き込みがされると思いますでの、VHDファイルのサイズがさらに増えるということはないと思います。

    100 GB の容量可変VHDの場合に

    50 GB 書き込み と 50 GB 削除 を実施しても、 50GB のVHDサイズになります。

    この状態で再度 50 GB 書き込み をしても、VHDファイルサイズは50 GB になり、100 GB にはならないということです。

    2017年1月31日 7:34

すべての返信

  • こんにちは。

    記載いただいた認識で正しいと思います。

    下記スレッドにも記載がありますが、VHDの最適化を実施しても想定する効果が得られない場合は仮想マシンでもデフラグを実施することも効果があるということです。

    仮想ゲストのデフラグについて

    Hyper-VのVHDXファイルのサイズについて

    2017年1月30日 11:50
  • 返信いただきありがとうございます。

    1点確認させてください。

    最適化しないとvhdまたはvhdxファイルの容量がどんどん増えていくと思いますが、

    最初にディスクを作成する際に指定する容量以上になることはあるのでしょうか?

    (例)80GBの可変ディスクを作成していたが、vhdxファイルは100GBとなっていた。

    2017年1月31日 6:33
  • こんにちは。

    容量可変のVHDを作成する際に指定した容量以上になることはないと思います。

    仮想マシンから利用できる容量は、VHDファイルの作成時に指定したサイズがMAXになります。

    >最適化しないとvhdまたはvhdxファイルの容量がどんどん増えていくと思いますが、

    こちらですが、仮想マシンに接続したVHDファイル内に書き込んだデータを削除しても、最適化(デフラグ) しない限りすでにデータが書き込まれた状態となるため、VHDファイルのサイズは小さくなりません。

    しかし、再度 仮想マシンがVHDに同じ容量のデータ書き込みをした場合に、新たな未使用領域が利用されるのではなく、すでに書き込みされた領域にデータ書き込みがされると思いますでの、VHDファイルのサイズがさらに増えるということはないと思います。

    100 GB の容量可変VHDの場合に

    50 GB 書き込み と 50 GB 削除 を実施しても、 50GB のVHDサイズになります。

    この状態で再度 50 GB 書き込み をしても、VHDファイルサイズは50 GB になり、100 GB にはならないということです。

    2017年1月31日 7:34