none
Windows7でリモートデスクトップに失敗する RRS feed

  • 質問

  • Windows7 Professional同士のリモートデスクトップで、「お使いの資格情報は機能しませんでした」と出て繋がりません。

    ・サーバ側のadministrator権限のユーザー名を「hoge1」から「hoge2」に変更した経緯があります

    ・上記のユーザー名変更する前に、クライアント側からリモートデスクトップ接続したことはありません

    ・サーバ側でリモートデスクトップ接続を許可するユーザーの選択をしようとすると、「hoge2」を指定できません

    応急処置として、

    ・サーバ側でadministrator権限の新しいユーザー「hoge3」を作成

    ・クライアント側から「hoge3」でログオン

    ・リモートデスクトップ接続のウインドウが開き、ユーザーをアイコン選択する画面で「hoge2」「hoge3」が並んでいるので「hoge2」を選択

    という手順を踏んでいますが煩雑です。

    「hoge2」でログオンする資格情報を保存し、1クリックでリモートデスクトップ接続したいと考えていますが可能でしょうか。

    2012年6月1日 1:35

回答

  • すみません、自己解決しました。

    サーバ側のadministrator権限のユーザー名変更が充分ではなかったようです。

    「コントロール パネル\ユーザー アカウントと家族のための安全設定\ユーザー アカウント\名前の変更」で名前を変更していたのですが、「コンピューターの管理\システムツール\ローカルユーザーとグループ\ユーザー」で確認したところ名前欄が以前のままhoge1で、フルネームが変更後のhoge2になっていました。

    このhoge1をhoge2に変更したところ、正しくリモートからログオンできるようになりました。

    #リモートでなければこの修正をしなくてもhoge2でログインできていたので、この仕組みに気づきませんでした…

    2012年6月1日 5:36