none
自動バックアップ用専用ディスクの容量について RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。
    初めて投稿します。

    新たにWindows Server 2008を1台(以下、サーバA)構築する予定です。
    サーバAは唯一のDomainControllerでありFileServerでもあります。
    サーバAには1TBのHDDが1つ搭載されています。
    サーバAのディスク全体(OS含む)を自動的にバックアップしたいと思っています。
    バックアップのためにサーバAに新規HDDを追加したいと思っています。
    バックアップは完全バックアップを予定しています(増分バックアップは予定していません)。

    バックアップ用の新規HDDに必要な容量は1TBで足りるのでしょうか。
    それとも少し多め(例えば1.5TB)を準備したほうが良いのでしょうか。

    以上よろしくお願いいたします。



    2009年2月3日 14:04

回答

すべての返信

  • Windows Server Backup は、バックアップディスクサイズにターゲットボリュームに存在しているデータサイズの1.5倍以上の容量を求めます。

    ドメインコントローラだけなら大したサイズにならないのですが、ファイルサーバ兼用であれば、ディスクいっぱいいっぱいまで使う事も想定されるので、バックアップディスクサイズはターゲットディスクの1.5倍以上の容量を確保しておくのが良いでしょう。

    P.S.
    ディスクサイズから想像するに、SATA ディスクを想定されている様に感じます。
    SATA ディスクは、クライアントPCで使用する事を想定しており、1日当たり8時間の稼働が前提に設計されているハードディスクが大半で、24時間稼働させると、急激に劣化して壊れやすくなる事があります。

    業務用途のサーバで SATA を使う場合は、消耗品と割り切って、1~2年でハードディスクを予防交換するか、24時間稼働が前提に設計されている SAS ディスクを選択するのがお勧めです。(その分高いですけど)
    MURA MVP for Virtual Machine : Networking
    2009年2月4日 1:31
    モデレータ
  •  ご回答ありがとうございました。

    ちなみに1.5倍以上の容量を確保しておいた方が良いという情報は何処かに記載されているのでしょうか。
    (結構Web上を検索したつもりですが見つけることができませんでした。今後は自身で調査できるようにしたいので参考までに情報源を教えて頂ければ幸いです。)

    また、元の容量より1.5倍も多く必要になる理由は何なのでしょうか。
    (完全バックアップなので上書きされれば1TBで足りるのではないかと思っています。)

    ご想像のとおり、取り急ぎはSATAを利用する予定です。アドバイス頂いたとおり今後のことを考慮してHDD(SATA)の予防交換、もしくは、SASを検討してみます。

    以上よろしくお願いいたします。
    2009年2月4日 9:54
  • > ちなみに1.5倍以上の容量を

    これはドキュメントに書いてあったのではなく、Windows Server Backupを構成しようとした時のエラー(ワーニングだったかも)メッセージに書かれていました。

    僕もガイドラインを求めてあちこち探しまくりましたが、見つける事が出来ませんでした。

    > 完全バックアップなので
    Windows Server Backup は自動世代管理をしてくれるので、ディスクに余裕をもっておいた方が何かと便利です。
    (逆に1世代のみを保持するって指定が出来ないです)


    MVP for Virtual Machine : Networking
    2009年2月4日 23:56
    モデレータ
  • ガイドラインに記載されていない貴重な情報ありがとうございました。

    以上

    • 回答としてマーク たこ8 2009年2月5日 13:48
    2009年2月5日 13:26