locked
SCVMM で信頼されていないドメインのホストを管理する際の前提条件 RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の三輪です。
    本日は SCVMM にて他ドメインに所属する Hyper-V ホスト/クラスターを管理する上での前提条件をご案内いたします。

    SCVMM では以下の様に他ドメインに所属する Hyper-V ホスト/クラスターを管理することが可能です。

    - VMM コンピューティング ファブリックでの Hyper-V ホストまたはクラスターとしての Windows Server の追加
    : https://docs.microsoft.com/ja-jp/system-center/vmm/hyper-v-existing?view=sc-vmm-2019

    特に、信頼されないドメインを管理する場合、そのドメイン上のアカウントを利用してホストの操作を行います。
    この際、そのドメインに対してアカウントの認証が発生するため、そのドメインへの名前解決が必要となります。
    名前解決が正しく出来ない場合、操作やジョブにてエラーが発生することがあります。
    その場合は、SCVMM が所属するドメインに対して DNS の名前解決を設定します。
    また、名前解決については、以下の条件付きフォワーダーの設定を推奨しております。

    --------------------------------------------------------------------------------
    DNS の名前解決ができるように設定する手順(条件付きフォワーダーを利用する場合)
    --------------------------------------------------------------------------------
    a. SCVMM が所属するドメイン コントローラー (DNS) へログオンします。
    b. DNS マネージャーを開き、[条件付きフォワーダー] を右クリックします。
    c. [新規条件付きフォワーダー] を選択します。
    d. [DNS ドメイン:] に転送先のドメイン名 (Hyper-V 側のドメイン) を格納します。
    e. [マスター サーバーのIP アドレス:] に転送先のドメイン コントローラーの IP アドレスを設定します。
    ※ ドメインコントローラーが複数ある場合、それぞれ入力します。
    f. [OK] を押下し、設定を保存します。

    また念のため、Hyper-V 側のドメインについても同様の手順を実施し、お互いに名前解決出来る様に設定します。
    2020年8月11日 8:13
    所有者