none
メモリ不足の判断方法 RRS feed

  • 質問

  • パフォーマンスモニタでメモリが足りているかを判断する際に、

    Memory\Available MBytes では4MBや5%以下になる事がまず無く、正確な判断が出来ない為、

    Memory\Committed Bytes を参照して、この値が物理メモリを超えている様であれば、

    ページングの発生頻度が高くなり、パフォーマンスに影響を与える可能性がある

    としているのですが、

    この判断は間違っていないでしょうか?

    また、Windows2008 と Windows2008 R2 ではメモリの管理方法が異なる様ですが、

    どちらも同じ判断方法でいいのでしょうか?

    2011年10月24日 8:17

回答

  • > Memory\Committed Bytes を参照して、この値が物理メモリを超えている様であれば、ページングの発生頻度が高くなり、パフォーマンスに影響を与える可能性がある

    もし、Memory\Committed Bytes > 物理メモリ になっている場合、その時点で大幅な物理メモリ不足です。Page file とのスワップは頻発し、大幅なパフォーマンスダウンになるでしょう。


    Memory\Committed Bytes は、Page file に予約されている分のサイズです。
    例えば、任意のアプリケーションが VirtualAlloc などで 500 MB のメモリを割り当てると、Page file に 500 MB の予約を行います。
    ( 実際に使用しているかどうかは別。Memory\Committed Bytes は、メモリの使用量を直接あらわすものではないです。)

    Memory\Committed Bytes > 物理メモリ という事は、割り当てられた pageable ( Page file にスワップ可能 ) なメモリが、物理メモリを超えている、という事です。

    物理メモリには Non-Pageable (  Page file にスワップ不可能なメモリ ) もありますので、必要とするメモリ容量は、物理メモリをかなり超えてしまっている事でしょう。

    • 回答としてマーク はーさん 2011年10月27日 9:40
    2011年10月25日 7:01

すべての返信

  • > Memory\Committed Bytes を参照して、この値が物理メモリを超えている様であれば、ページングの発生頻度が高くなり、パフォーマンスに影響を与える可能性がある

    もし、Memory\Committed Bytes > 物理メモリ になっている場合、その時点で大幅な物理メモリ不足です。Page file とのスワップは頻発し、大幅なパフォーマンスダウンになるでしょう。


    Memory\Committed Bytes は、Page file に予約されている分のサイズです。
    例えば、任意のアプリケーションが VirtualAlloc などで 500 MB のメモリを割り当てると、Page file に 500 MB の予約を行います。
    ( 実際に使用しているかどうかは別。Memory\Committed Bytes は、メモリの使用量を直接あらわすものではないです。)

    Memory\Committed Bytes > 物理メモリ という事は、割り当てられた pageable ( Page file にスワップ可能 ) なメモリが、物理メモリを超えている、という事です。

    物理メモリには Non-Pageable (  Page file にスワップ不可能なメモリ ) もありますので、必要とするメモリ容量は、物理メモリをかなり超えてしまっている事でしょう。

    • 回答としてマーク はーさん 2011年10月27日 9:40
    2011年10月25日 7:01
  • ご回答ありがとうございました。

    Memory\Committed Bytes < 物理メモリ の状態は最低限維持する必要がある

    と考えたいと思います。

    2011年10月27日 9:40