none
WindowsDefenderの無効設定について RRS feed

  • 質問

  • サーバ環境:Windows2008StandardSP2
    クライアント環境:Win7、Win8.1、WinVISTA
    グループポリシー:6.0

    概要
    ・トレンド社のウイルス対策がある為、Defenderは不要
    ・最新状態でないとの警告メッセージが表示される
    ・アクションセンタでの表示は不要

    グループポリシーにて
    WindowsDefenderを無効設定にしようとしています。

    [コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]
    -[WindowsDefender]から【WindowsDefenderをオフにする】を有効設定
    【WSUSとWindows UPdateの両方による定義の更新をオンにする】を無効設定

    と設定したのですが、クライアントの『コントロールパネル』-『WindowsDefender』
    にてWindowsDefenderの管理画面が表示されてしまいます。
    また、グループポリシーでは無効設定になっているはずが
    Defenderの『ツール』-『オプション』-『管理者』を開くと
    【このプログラムを使用する】にチェックが入っており、
    有効状態となっています。

    メニューバーの右下にはアクションセンターの
    警告アイコン(旗に赤罰点)が表示され規制できません。

    http://www.office-qa.com/win/win58.htm
    上記サイトを参考にアクションセンターのアイコンを削除しようと
    試みたのですが、「アクションセンターアイコンを削除する」との
    項目が存在しません。

    これは拡張パッケージをインストールする必要があるという事でしょうか?

    ご存知の方、ご教授いただけましたら幸いです。
    2014年9月16日 8:18