none
BranchCacheホスト型キャッシュサーバーのサービス接続ポイントの登録と、クライアントの自動検出について RRS feed

  • 質問

  • BranchCacheのホスト型キャッシュサーバーを構築しようと考えていますが、サーバーを構築する際のAD DSへのサービス接続ポイントの登録が如何なるものか、クライアントが拠点のキャッシュサーバーをどう自動検出するのかが、いまいちわからず困っています。
    以下の認識に間違いがあればご指摘をお願いいたします。

    ・キャッシュサーバーは”Enable-BCHostedServer -RegisterSCP”のコマンドを実行したときに認証を受けていたADサイトのサービス接続ポイントとして、自動的に登録される?

    ・クライアントは、グループポリシーの[サービス接続ポイントによるホスト型キャッシュの自動検出を有効にする]が有効になっている場合、認証を受けたADサイトのサービス接続ポイントを検出し参照する?

    ・クライアントは、同じADサイト内であれば、セグメントを越えてキャッシュサーバーを検出し参照することができる?

    ・ドメインに参加していないクライアントは、サービス接続ポイントの検出ができない?
     (この場合、[ホスト型キャッシュサーバーを構成する]を有効にし、サーバーのコンピュータ名を入力する事でキャッシュサーバーを利用することができる?)

    以上、よろしくお願いいたします。

    2019年6月27日 9:10

すべての返信