none
WindowsServer2012R2Essentials 記憶域プールについて RRS feed

  • 質問

  • 物理ディスク4台を記憶域プールに追加して双方向ミラーの仮想ディスクとして利用していました。

    しかし先日突然の電源断、マザーボードが破損し起動しなくなったため、同品と交換し、結果同じ環境で起動するようになりました。

    しかし復帰後エクスプローラを開くと仮想ディスクで作ったドライブが見えません

    cmdletによって取得した現状は以下の通り

    PS C:\> get-virtualdisk

    FriendlyName        ResiliencySettingNa OperationalStatus   HealthStatus        IsManualAttach                     Size
                        me
    ------------        ------------------- -----------------   ------------        --------------                     ----
    data                Mirror              Detached            Unknown             True                            1.82 TB

    PS C:\> Get-VirtualDisk -FriendlyName “Data” | Get-PhysicalDisk

    FriendlyName        CanPool             OperationalStatus   HealthStatus        Usage                              Size
    ------------        -------             -----------------   ------------        -----                              ----
    PhysicalDisk1       False               Failed Media        Unhealthy           Auto-Select                     1.82 TB
    HGST HUS724020AL... False               OK                  Healthy             Auto-Select                     1.82 TB
    PhysicalDisk2       False               OK                  Healthy             Auto-Select                     1.82 TB
    HGST HUS724020AL... False               Failed Media        Unhealthy           Retired                         1.82 TB

    とりあえずアタッチ、と思いましたが

    ”仮想ディスクのアタッチまたはデタッチ エラー: 仮想ディスクをserverにアタッチできませんでした。The operation failed with return code 8"

    だそうです。

    なんとかデータを拾い出す手段はないものでしょうか

    2015年6月30日 8:11

すべての返信

  • Get-StoragePool | FL の情報も確認いただきたいですが、2台の物理ディスクが Unhealthyな状態ですので、記憶域プールがオンラインにならないが故のアタッチエラーだと思います。

    この状態ですと、許容できる物理ディスク障害の数を超えていますので、いかんともしがたいです。

    どうしてもデータを復旧させたいということであれば、ReclaiMe http://www.storage-spaces-recovery.com/ を利用すると完全ではないものの、復旧できる可能性があるかもしれません。


    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for File System and Storage http://satsumahomeserver.com
    ITプロ向けWindows 10の基礎を学習するならMicrosoft Virtual Academy

    2015年6月30日 14:25
  • Sada様 ありがとうございます。

    貴殿のアドバイスのあるいくつかのスレッド拝見させて頂いています。

    少々長いのですが解決の糸口となれば・・・

    ObjectId及びUniqueIdは後半省略しています

    PS C:\> get-storagepool data | fl
    ObjectId                          : {1}\\SERVER\root/Microsoft/Windows/Storage/Providers_v2\SPACES_StoragePool
    PassThroughClass                  :
    PassThroughIds                    :
    PassThroughNamespace              :
    PassThroughServer                 :
    UniqueId                          : {2644e9de-3f56-11e4-80c2-
    AllocatedSize                     : 2885681152000
    ClearOnDeallocate                 : False
    EnclosureAwareDefault             : False
    FriendlyName                      : data
    HealthStatus                      : Healthy
    IsClustered                       : False
    IsPowerProtected                  : False
    IsPrimordial                      : False
    IsReadOnly                        : False
    LogicalSectorSize                 : 512
    Name                              :
    OperationalStatus                 : OK
    OtherOperationalStatusDescription :
    OtherUsageDescription             :
    PhysicalSectorSize                : 4096
    ProvisioningTypeDefault           : Fixed
    ReadOnlyReason                    : None
    RepairPolicy                      : Parallel
    ResiliencySettingNameDefault      : Mirror
    RetireMissingPhysicalDisks        : Auto
    Size                              : 7998302846976
    SupportedProvisioningTypes        : {Thin, Fixed}
    SupportsDeduplication             : False
    ThinProvisioningAlertThresholds   : {70}
    Usage                             : Other
    Version                           : Windows Server 2012 R2
    WriteCacheSizeDefault             : Auto
    WriteCacheSizeMax                 : 107374182400
    WriteCacheSizeMin                 : 0
    PSComputerName                    :
    FileSystem                        : Unknown

    と、コレを書いている現在データの大部分は回復できてしまっています。

    Azureにとっていたバックアップは何故か回復ポイント0となっていて回復できなかったのですが、

    無意識の内に外付けHDDへもバックアップタスクを走らせていたらしく・・・

    しかし2台のRAID1では1台が壊れても運用継続が可能なのに、

    4台の双方向ミラーでは2台壊れると読み取ることすら出来ないという仕組みに釈然としない物を感じつつ

    物理的にはすべて正常だったっぽい4台をどう運用するか考え直したいと思います。

    2015年6月30日 16:42
  • ご確認ありがとうございます。プールは正常なのですね。だとしたら、今retiredになっているHDDのusage属性をautoに変更できませんでしょうか。変更できたら、再度アタッチ操作を試してみてください。

    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for File System and Storage http://satsumahomeserver.com
    ITプロ向けWindows 10の基礎を学習するならMicrosoft Virtual Academy

    2015年6月30日 23:53
  • RetiredとなっていたDiskのUsageを変更し”Auto-Select”となりました。

    GUI画面を更新すると使用状況”自動”となっていたので再度アタッチを試みたのですが、当初ママのエラーメッセージ表示されます。

    IsManualAttachをFalseにしても変わりありませんでした
    2015年7月1日 11:58
  •  そうですか、管理者権限で実行されているのですよね?

    Repair-Virtualdisk コマンドを実行してみても変化ありませんでしょうか?

    一時的な電源断によって書き込みに失敗しただけで、物理的に障害がないならばこのCmdletで解決できる可能性があるのではないかと思います。もしこれで駄目ならば、やはり同時に2台に障害が発生しているので、復旧は難しいかと思います(双方向ミラーは1台のHDDの障害までしか耐えられません)。


    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for File System and Storage http://satsumahomeserver.com
    ITプロ向けWindows 10の基礎を学習するならMicrosoft Virtual Academy

    2015年7月1日 14:12
  • c管理者権限で実行しています。

    Repair-Virtualdiskコマンドも実行してみましたが、
    プログレスバー状のものが一瞬表示されましたのみで特に変化有りません。
    データが(別ルートではありましたが)おおむね復旧できたことから、これ以上時間をかけられないということで
    現状の記憶域プールは削除して新たに組みなおしています。

    仮想ディスクの削除>記憶域プールの削除と進んで
    別のWindows8.1proなPCに1台ずつ繋ぎ、記憶域プールへの登録の削除などを済ませ
    4台まとめて元のサーバに接続したところ、
    コントロールパネルの記憶域アイコンから起動した管理画面や
    PowerShellからは認識しているのですが
    サーバマネージャー内にあるファイルサービスと記憶域サービスの管理画面には出てこないHDDが1台ありました。
    ただしそのHDDも8.1のPCや7のPCではSMART上もエラーなくチェックディスクにも何も異常はないという状況でした。

    理解の及ばない現象が多くいまいちすっきりと納得できていないのですが
    そういうものだ、という認識で
    今後は冗長化に頼るのではなくバックアップを多重化するなどの方策で管理したいと思います
    (とはいえそのバックアップもAzureBackupでは狙い通りに動いてくれていないのですが
    2015年7月2日 11:40