none
ルータからADに対してDNSフォワーダした場合のサポートについて RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    【環境】
    ・クライアントPC(Windows7)
      -> AD参加とAD未参加が共存。すべてのPCはADのDNSを参照。
    ・AD(Windows Server 2012R2 Standard)
    ・ルータ

    ルータのDHCP機能でクライアントにDHCPアドレスを割り振りクライアントのDNS参照先はルータに設定をし、
    ルータからADのDNSにフォワーダーさせたい場合、Microsoftとしてサポート対象になりますでしょうか。
    2016年6月30日 8:46

回答

  • チャブーンです。

    まずお断りですが、特定の実装について「サポートしているかどうか」は、コミュニティではお答えできません。ですから、必ずマイクロソフトにご自身で確認いただくよう、お願いします。

    クライアントの参照先DNSサーバを非ドメインコントローラのDNSサーバとし、フォワーダによって設定した場合、非ドメインコントローラのDNSサーバに「Active Directoryドメインゾーン(と同じ名前のゾーン)が存在しない」ことが保証されていれば、動作自体はすると思いますが、クライアントからのDNS動的更新が行われない可能性があり、このようなことはするべきではないでしょう。

    一般にDHCPサーバでは「スコープオプション」で参照先DNSサーバを指定できますので、ここでドメインコントローラのDNSサーバを指定すれば、すべて事が足ります。(ドメインコントローラのDNSサーバは「再帰」によりインターネット上の名前解決を直接行えます)。インターネット名前解決をルータのDNSサーバにやらせたい、ということであれば、ドメインコントローラのDNSサーバから(ルータに)フォワーダを指定する方法が普通ですし、理に適っていますね。


    フォーラムは有償サポートとは異なる「コミュニティ」です。フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 をご一読のうえ、お楽しみください。

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2016年7月4日 4:38
    • 回答としてマーク 佐伯玲 2016年7月19日 8:22
    2016年7月1日 6:26
    モデレータ