none
RemoteAppアプリケーションが約2時間操作しないと接続が切断される RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。
    Windows Server 2008 R2 Standard (SP1) で、RemoteAppによるアプリケーション配信と
    リモートデスクトップを併用して利用しています。

    下記の構成になります。
    2008R2(RemoteApp) → 2008R2(リモートデスクトップ) → シンクライアント端末

    中間に入るサーバーのRDPクライアントのバージョンは6.2.9200です。
    ネットワーク環境は、Windows2003 R2によりドメインを構成しており、
    2つのRDPサーバーは、同一ドメインのメンバーサーバーになっています。
    また、2つのサーバーはサブネットは異なりますが、LAN接続されています。

    この環境でRemoteAppで配信しているアプリケーションを、2時間ほど操作せずに放置した後に、
    マウスで画面をクリックすると、アプリケーションが反応しません。

    そのまま20秒くらい待つと、「接続が失われました。再接続しています。
    接続の試行 (1/20)」という表示が出た後に、使用できるようになります。

    サーバーのリソースには余裕があり、数時間使わないことも想定される運用環境なので、
    接続を切らない方法がないか調査しています。
    なお、2つのサーバーは1日に一回、夜間に再起動します。

    下記の3つを試しましたが、効果はありませんでした。

    <試したこと(1)>
    RemoteAppサーバーのRDセッションホストの構成 のセッションタブで、
    下記の設定をしました。
     接続されたセッションの終了   :1日
     アクティブなセッションの最大時間:1日
     アイドルなセッションの再大時間 :1日
     セッションの最大時間に達したり接続が中断した場合:セッションを終了する

    <試したこと(2)>
    RemoteAppサーバーのローカルグループポリシーエディター(gpedit)で、
    コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>リモートデスクトップサービス>リモートデスクトップセッションホスト
    を開き、セッションの時間制限 で 「アクティブでアイドル状態になっているリモートデスクトップサービスセッションの制限時間を設定する」を「有効」に設定し、「アイドルセッションの制限」を「なし」に設定しました。
    これにより、RDセッションホストの構成 のセッションタブで、「アイドルなセッションの再大時間」が「接続しない」に変わり、
    変更できなくなりました。

    <試したこと(3)>
    同じくgpeditのリモートデスクトップセッションホスト>接続で「自動再接続」を「有効」に設定しました。

    リモートデスクトップサービスマネージャーで確認すると、状態はアクティブになっており、RemoteAppサーバー側には問題がないように思います。
    2時間で接続が切断されるのは、RDPクライアントの仕様なのでしょうか?
    何か、現象を回避する手段はありませんでしょうか?
    よろしくお願い致します。

    2013年1月8日 6:04

回答

  • 本件、RemoteAppサーバーとリモートデスクトップサーバーの間に設置したファイヤーウォールのセッションタイムアウト時間の設定によるものでした。

    設定見直し後、問題なく動作しています。

    • 回答としてマーク niao2013 2013年1月21日 5:49
    2013年1月21日 5:48