none
メールボックスデータベース肥大 RRS feed

  • 質問

  • いつもお世話になります。

    この6月にSP1を適用してからですが、データベースが日々増大してDISKスペースが足りなくなる恐れがでてきました。アイテム保存期間も設定して過去のデータはクリーニングする設定であり、メンテナンスも毎日するようになっています。2003を使用していた頃はこのクリーニング機能でほぼ使用状況も一定になっていました。

    2007以前ではイベントログにメンテナンス情報の700,701が出てたのですが、うちのイベントログにはこのIDがありません。

    データベース管理でDBが肥大しないための設定で足りないものがあるのでしょうか?また、データベースを圧縮する方法を教えてください。

    動作環境は Exchange2010SP1+RU4です。

    2011年9月9日 0:46

回答

  • 増えているデータベースというのは「edb」のことですよね?トランザクションログのことでしたら、循環ログが有効になっているかどうかをご確認ください。

    edbのことだとしたら、従来のExchangeどおりeseutilを使ってオフラインデフラグを実施する方法があります。

    http://exchangeserverpro.com/defrag-exchange-2010-mailbox-database

     

    私は2003の時に実施したことがあり、問題は発生しませんでしたが、色々な資料を読むとリスクがあるというような記載も見受けられ、また、Exchange2010の資料にも「サポートからの指示があった場合に実施してください」旨の資料を読んだことがあります。

    どちらにしろバックアップをしっかりと取得されてから実施することをお勧めします。

    • 回答としてマーク 星 睦美 2011年9月29日 7:55
    2011年9月12日 23:58

すべての返信

  • 増えているデータベースというのは「edb」のことですよね?トランザクションログのことでしたら、循環ログが有効になっているかどうかをご確認ください。

    edbのことだとしたら、従来のExchangeどおりeseutilを使ってオフラインデフラグを実施する方法があります。

    http://exchangeserverpro.com/defrag-exchange-2010-mailbox-database

     

    私は2003の時に実施したことがあり、問題は発生しませんでしたが、色々な資料を読むとリスクがあるというような記載も見受けられ、また、Exchange2010の資料にも「サポートからの指示があった場合に実施してください」旨の資料を読んだことがあります。

    どちらにしろバックアップをしっかりと取得されてから実施することをお勧めします。

    • 回答としてマーク 星 睦美 2011年9月29日 7:55
    2011年9月12日 23:58
  • ありがとうございます。

    ユーザを全て別のDBに移して実施してみます。

    2011年9月13日 0:50