none
WSUS配下で、「従量制課金データ接続であっても更新プログラムを自動的にダウンロードします」 RRS feed

  • 質問

  • Windows10(1909) Pro  でローカルグループポリシーでWindowsUpdateの設定を行っています。
    WSUSはADを利用しておらず、ローカルグループポリシーで指定しています。

    自動更新の設定は、
    「自動的にダウンロードとインストールの通知を行います」

    以上の設定で、

    「従量制課金データ接続であっても更新プログラムを自動的にダウンロードします」の項目の設定を行っていても、
    USBドングル型の通信機器で、従量課金接続設定を行っていても、
    WSUSから月例の品質更新プログラムなどがダウンロードされてしまいます。

    「従量制課金データ接続であっても更新プログラムを自動的にダウンロードします」の項目は、
    WSUSでは効果はないのでしょうか?

    通信設定は、

    対象のネットワークに、
    「ネットワークとインターネット」→

    「イーサネット」→

    「従量制課金接続として設定する」

    としています。

    *VPNのサービスを利用しており、ローカルのIPアドレスとなります。

    2020年1月6日 6:36

回答

  • WSUS環境下で「更新プログラムが従量制課金接続で自動的にダウンロードされるのを許可する」が動作するかは私も分かりませんが、そもそも VPN 接続した状態なのでしたら、WSUS から更新プログラムをダウンロードする動作は VPN (仮想ネットワーク) 経由となりますので、WiFi やイーサネットに設定した従量課金設定は反映されないものと考えられます。
    2020年1月6日 15:02

すべての返信