none
MDTでWindows7の展開を行う際の不具合 RRS feed

  • 質問

  • MDT2012でWindows7の展開を行うための検証をしております。
    その際に不具合が出ましたのでお知恵を拝借したく
    投稿させて頂きます。

    下記に不具合内容と検証環境を記載しますので
    何かわかりましたらご教示頂けますでしょうか。

    【検証の目的】
     Windows7 EnterpriseEdition X64 のカスタムイメージを作成して
     MDT2012を用いて大量展開を行うことが目的です。

    【検証環境】
      ・WindowsServer2008R2にAD環境とMDT2012をインストールしています。
      ・検証環境のADドメインでイメージ戻しをしたクライアントPCは
       本番環境のADドメインに参加させて動作チェックを行います。
       

    【不具合内容】
      MDT2012サーバーにPXEブートで接続してイメージを戻しをした後に再起動をすると
      \\(ホスト名) or \\(IPアドレス)を指定しても対象のサーバに接続できなくなる。
      クライアントPCがワークグループのままでもドメインに参加させても変わらない。  

      ※ワークグループの状態では \\(ホスト名) or \\(IPアドレス)指定した際、
       認証ダイアログは出てくるが有効なID/PWを入力しても接続できなかった。

      ※確認出来ている範囲ではOSがUnixのファイルサーバーで不具合が確認できており
       すべてのサーバーに接続できないわけではない。

      下記に補足とエラーメッセージを記載します。

      【補足】
      ・接続できないサーバーではIPアドレスとホスト名の両方でpingが通る。
      ・接続できないサーバでは\\(IPアドレス)と\\(ホスト名)のどちらの形式で指定しても繋がらない。
      ・ネットワークコンピューターに表示されているWindowsクライアントには問題なく繋がる。

      ・カスタムイメージの元となる状態では不具合はおきていない。
       完成後のカスタムイメージの元に実施したのは sysprepとimagexを用いたイメージキャプチャのみ。

      【エラーメッセージ】
       ・ワークグループの状態で出るエラーメッセージ
        ○○にアクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。
        アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。
        指定されたネットワークは利用できません。
       ・ドメイン参加の状態で出るエラーメッセージ
        ○○にアクセスできません
           名前のスペルを確認しても問題がない場合は、ネットワークに問題がある可能性があります。
        ネットワークの問題を識別して解決するには、[診断]をクリックします。
        エラーコード:0x80070035
        ネットワークパスが見つかりません。

    ===

    ・6/24追記1
    MDTへのカスタムイメージのインポートは下記のように実施しています。

    1)カスタムイメージとして作成したWIMファイルを準備します。 
    2)Deployment WorkbenchのコンソールツリーからOperating Systemを右クリックして
      Import Operating Systemをクリックするとウィザードが開始される
    3)下記を選択して次へ
     ・Custom image file.
    5)下記を選択して次へ
     ・Setup and Sysprep files are not needed. ←チェックする
         ・move the files to the deployment share instead of copying them. ←チェックしない
    6)Destinatio Directory nameに適切な名前を入力して次へで完了


    6/24 追記2
    MDTのタスクシーケンスは下記のように作成しています。

    1)DeploymentWorkBench→TaskSequenceを右クリック、New→NewTaskSequwnceWizardを起動する。
    2)Task Sequence ID、Task Sequence name、Task Sequence Commentsを入力して次へ
    2)下記を選択して次へ
      ・Standard Client Task Sequence
    3)検証用に作成したWIMイメージファイルを選択して次へ

    4)下記を選択して次へ
     ・Do not use a product key when installing
    5)Full Name、Organization、Internet Explorer Home Pageを入力して次へ
    6)下記を選択して次へ
     ・Do not specify an Administrator password at this time. (今回は管理者パスワードを指定しない) :

    7)サマリーの表示で次へ
    8)確認の表示で次へで作成完了
    9)最後にUpdateDeploymentShareを実行する。

    6/24 追記3
    クライアントPCをPXEブートで起動した後の展開処理は下記のように進めています。

    1)Welcome画面
      『Run the Deployment Wizard to install a new Operating System』をクリックする。 
    2)検証環境ドメインに入るための情報を入力して次へ
    3)検証用に作成したタスクシーケンス名にチェックを入れて次へ
    4)コンピュータ名を入力してワークグループに参加するで次へ
    5)下記を選択して次へ
      ・Do not move user data and settings. ←チェックする
       ・keep existing partitions ( do not format or partition) ←チェックしない
    6)下記を選択して次へ
     ・Do not restore user data and settings. 
    7)言語、タイムゾーン、キーボードレイアウト等を全て日本にして次へ
    8)下記を選択して次へ
     ・Do not capture an image of this computer.
    9) Ready to beginで開始する。 


    • 編集済み bears_se 2013年6月24日 12:50
    2013年6月18日 11:29