none
物理NICと仮想ネットワークアダプタの2本立て状態は問題ないのでしょうか? RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    WindowsServer2008のHyper-Vで仮想ネットワークを追加すると、
    ホストOSの「ネットワークと共有センター」の「ネットワーク接続の管理」で表示されるネットワークアダプタ一覧に
    物理的なNICと、さらに作成した仮想ネットワークが現れ、合計2つのネットワークアダプタが表示されます。
    そして両方ともDHCP設定している場合、ipconfigコマンドで確認すると外部のDHCPサーバから2つともIPアドレスが付与されます。

    これは、各インバウンド、各アウトバウンド、仮想ネットワーク同士、ホストOSとゲストOS、などで通信上問題ないのでしょうか?
    (実は、ネットワーク通信で若干不調がおきており、原因を調査しています)

    Hyper-VのゲストOSを運用しつつ、このホストOSについて外部から見えるIPアドレスを1つに制限するには、何か方法はあるものでしょうか?
    もしかして、どちらか一方を無効にしても問題ないのでしょうか?
    (一度、「仮想ネットワーク」を無効にしてみたのですが、ゲストOSからうまく外部やゲストOS同士の疎通がとれたのですが、
    ホスト側での何かのオペレーション(ネットワーク関連だった気がしますが、違うかもしれません)でホストOSがSTOPエラーでとまってしまいました。)

    ご存知の方、関連情報をお持ちの方、どうぞご教示下さい。
    宜しくお願い致します。
    2009年4月17日 16:26

回答


  • 仮想ネットワークの接続イメージは、下のホワイトペーパーの図などを参考にしてください。

    下のページに、Hyper-V関係のドキュメントがあります。
      http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/dd297510.aspx
    これの、
      サーバー仮想環境におけるシステム構成ガイド ホワイト ペーパー
    の p17 図2-8 あたりが参考になるでしょう。


    以下は、Hyper-V 仮想ネットワークの一般論に近いですが。

    仮想ネットワークを作成すると、自動で1つ仮想スイッチが作成されます。
    仮想スイッチは、仮想ネットワークを作成するときに指定した物理NICと接続され、
    Hyper-V ホスト内 の その物理NIC・仮想スイッチ の設定をまとめて仮想スイッチが肩代わりします。

    設定にバリエーションが考えられるので、この限りではないですが、
    以下のようになっていると、設定がわかりやすいかと思います。
    ・物理NIC の プロパティ
      [x] Microsoft 仮想ネットワークスイッチプロトコル のみon
    ・仮想スイッチ のプロパティ
      [x] Microsoft 仮想ネットワークスイッチプロトコル 以外をすべてon

    この状態で、ホストのIPアドレスは、仮想スイッチの IPv4 IPv6 の
    アドレスで設定します。

    ゲストOSの通信は、仮想スイッチを通って、ホストと通信できますし、
    ゲストOSから、仮想スイッチ、物理NICをとって、ホスト外とも通信できます。
    ゲストOSの仮想NICは、ホストOSの物理NICとブリッジ接続されたのと似た動きになるかと思います。

    物理NIC, 仮想スイッチ、両方で同じプロトコルをonにすると、
    ルーティングが混乱するのか、ホスト外とゲストは通信できるけど、
    ホストとゲストは通信できない、というような現象も起きるようです。

    可能であれば、一度、仮想ネットワークを削除して、
    物理NICに、IPアドレスなど設定後に、
    仮想ネットワークを改めて作成して、
    物理NIC, 仮想スイッチ、それぞれのプロトコル、
    IPアドレスなどが、どうなっているか、
    上に書いたように、重複なしで一方のプロトコルだけonになっているか、
    物理NICに設定したアドレスが、仮想スイッチに引き継がれているか、
    など確認されてみることをお勧めします。

    なお、仮想ネットワークを再作成すると、
    ゲストの設定画面にある、ネットワークの設定(仮想NICのバインド先)
    が無効になることがあります。
    仮想ネットワークの再作成で、仮想ネットワークの名前を再作成前と同じ名前にする、
    仮想ネットワーク再作成後に、ゲスト1つ1つの設定を確認する、
    などしてください。

    • 回答としてマーク DEKOCHAN 2009年4月20日 3:59
    2009年4月19日 0:50

すべての返信

  • ここ1週間ほど、Hyper-V のインストールと、運用を試験しました。

    1.追加されるアダプタについて
     ・追加された、ホストの NIC を無効にすると、ゲストで、NIC の割り当てができませんでした。
     ・ゲストで、NIC 割り当て後、ホストで、NIC を無効にすると、ゲストとの通信ができませんでした。
     ・物理 NIC に固定アドレスを振った状態で、仮想 NIC を追加したところ、
      仮想NIC側に、物理NICのアドレスが振られました。

    2.ブリッジ接続
     ・Hyper-V では、ブリッジ接続で、NIC を追加することができませんでした。
     ・ホスト側のブリッジ接続で、NIC を減らした(物理NICと、ゲストOS用NICのみにした)記憶があります。

    3.レガシーIFについて
     ・ゲストOS (CentOS5.2) の都合上、W2K8 サーバ上の、レガシーNWIFを使用していたのですが、
      ホスト側の接続が、数時間に1回切れることがあって、ゲストOSを、レガシーNIC ごと削除したら復旧しました。

    4.その他
     ・仮想マシンとホストのみを接続するようにして、ホストでルーティングするようなことができないでしょうか。

    • 編集済み hira32 2009年4月18日 0:08 試験した程度を追加
    2009年4月18日 0:04

  • 仮想ネットワークの接続イメージは、下のホワイトペーパーの図などを参考にしてください。

    下のページに、Hyper-V関係のドキュメントがあります。
      http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/dd297510.aspx
    これの、
      サーバー仮想環境におけるシステム構成ガイド ホワイト ペーパー
    の p17 図2-8 あたりが参考になるでしょう。


    以下は、Hyper-V 仮想ネットワークの一般論に近いですが。

    仮想ネットワークを作成すると、自動で1つ仮想スイッチが作成されます。
    仮想スイッチは、仮想ネットワークを作成するときに指定した物理NICと接続され、
    Hyper-V ホスト内 の その物理NIC・仮想スイッチ の設定をまとめて仮想スイッチが肩代わりします。

    設定にバリエーションが考えられるので、この限りではないですが、
    以下のようになっていると、設定がわかりやすいかと思います。
    ・物理NIC の プロパティ
      [x] Microsoft 仮想ネットワークスイッチプロトコル のみon
    ・仮想スイッチ のプロパティ
      [x] Microsoft 仮想ネットワークスイッチプロトコル 以外をすべてon

    この状態で、ホストのIPアドレスは、仮想スイッチの IPv4 IPv6 の
    アドレスで設定します。

    ゲストOSの通信は、仮想スイッチを通って、ホストと通信できますし、
    ゲストOSから、仮想スイッチ、物理NICをとって、ホスト外とも通信できます。
    ゲストOSの仮想NICは、ホストOSの物理NICとブリッジ接続されたのと似た動きになるかと思います。

    物理NIC, 仮想スイッチ、両方で同じプロトコルをonにすると、
    ルーティングが混乱するのか、ホスト外とゲストは通信できるけど、
    ホストとゲストは通信できない、というような現象も起きるようです。

    可能であれば、一度、仮想ネットワークを削除して、
    物理NICに、IPアドレスなど設定後に、
    仮想ネットワークを改めて作成して、
    物理NIC, 仮想スイッチ、それぞれのプロトコル、
    IPアドレスなどが、どうなっているか、
    上に書いたように、重複なしで一方のプロトコルだけonになっているか、
    物理NICに設定したアドレスが、仮想スイッチに引き継がれているか、
    など確認されてみることをお勧めします。

    なお、仮想ネットワークを再作成すると、
    ゲストの設定画面にある、ネットワークの設定(仮想NICのバインド先)
    が無効になることがあります。
    仮想ネットワークの再作成で、仮想ネットワークの名前を再作成前と同じ名前にする、
    仮想ネットワーク再作成後に、ゲスト1つ1つの設定を確認する、
    などしてください。

    • 回答としてマーク DEKOCHAN 2009年4月20日 3:59
    2009年4月19日 0:50
  • 僕は以下の設定をしています。

    ・仮想 NIC の入れ物になっている物理 NIC は、「Microsoft 仮想ネットワークスイッチプロトコル」のみをONにします(Default)
    ・仮想 NIC はすべてのプロトコルを OFF にします。
    ・管理用 NIC は通常の設定をします。

    この設定で、親パーティションは管理用の NIC のみが生き残るので、意図しない DHCP 割り当てはされなくなりますし、子パーティションは子パーティションが持っているプロトコルスタックで入れ物 NIC を使うので問題なく通信できます。

    管理 NIC と通信できないセグメントに仮想 NIC を接続している場合で、親パーティションと子パーティション間の通信が必要な場合(親パーティションの仮想 NIC と子パーティションの仮想 NIC を通信させる必要があるとき)のみ仮想 NIC のプロトコルを有効にすれば良いです。
    MVP for Virtual Machine : Networking
    2009年4月20日 2:05
    モデレータ
  • hira32様 knoji様

    お二方、ご教示有難う御座います。

    ・仮想ネットワークをはずしてみて物理NICに固定IPを割り当ててみること
    ・仮想スイッチを多重にONにしないよう確認すること

    それぞれ運用時間外に試してみたいと思います。

    変更後の状況が出次第、ご報告させていただこうと思います。
    2009年4月20日 4:13