none
Windows10でのWindows Update関連のレジストリについて RRS feed

  • 質問

  • 自動更新(Windows Update)の最終更新日時や構成情報を取得するのにWindows7や8.1
    では以下のレジストリ情報を参照していましたが、Windows10では以下が存在してい
    ないようです。削除されたのでしょうか?その場合、何か他に取得する方法はない
    でしょうか?
      (最終更新日時)
      レジストリキー:HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
                      WindowsUpdate\Auto Update\Results\Detect
      エントリ      :LastSuccessTime

      (構成情報)
      レジストリキー:HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
                      WindowsUpdate\Auto Update
      エントリ      :AUOptions
      ※WSUS未構成時に参照しています。
      ※WSUS構成時は別のレジストリにあります。(WIn7や8.1と同様)

    2015年10月7日 0:49

回答

  • 最終更新日時の取得について、回答がありましたので展開しておきます。

    公開されている情報はなかったとのことで、調査した結果、以下に存在するとのことでした。

     C:\ProgramData\USOPrivate\UpdateStore¥updatestorexxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx.xml

      エントリは、<LastUpdateCheckTime dataType="21">130900478501739697</LastUpdateCheckTime> です。

    130900478501739697 "20151023 13:24:10" (UTC)を示しており、以下で変換できるとのことでした。

    PowerShell Get-Date コマンドレット

     UTC 表記:

     PS C:\> (Get-Date 130900478501739697).AddYears(1600)

     20151023 4:24:10

     JST 表記:

     PS C:\> ((Get-Date 130900478501739697).AddYears(1600)).AddHours(9)

     20151023 13:24:10

    以上です。

    • 回答としてマーク 佐伯玲 2015年11月2日 4:06
    2015年11月2日 2:28

すべての返信

  • おっしゃるとおり、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update は Windows 10 では使用していませんね。Windows 7/8.1からアップグレードした場合はAuto Update\AUOptionsなどが残っていますが、レジストリを変更しても無視されます。

    最終更新日時については分かりませんが、[設定]アプリの[Windows Update > 詳細設定]の構成情報については、以下のレジストリに格納されていることがわかりました。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings

    UxOption 0 自動(推奨)/1 再起動の日時を設定するように通知する

    DeferUpgrade 0 アップグレードを延期する/1 しない

    また、Windows 10 Pro/Enterprise/Educationは、Windows 8.1 以前と同様にローカルポリシーやグループポリシーの「コンピューターの構成\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\Windows Update」のポリシーで自動更新方法や WSUS を構成できます。このポリシーを含む「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\」は、すべてではないとは思いますが Windows 10でも有効です。例えば、「自動更新を構成する」(AU\AUOptions) や[イントラネットのMicrosoft更新サービスの場所を指定する](WUServer、WUStatusServer、AU\UseWSUSServer」はWindows 10にも適用されました。

    最終更新日時は、Windows Update の更新履歴の最後の成功したもののインストール日時を見ているのかもしれません。レジストリ内には見つけられませんでした(見過ごしているのかもしれませんが)。

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2015年10月21日 0:57
    2015年10月20日 6:56
  • ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

    > 最終更新日時は、Windows Update の更新履歴の最後の成功したもののインストール日時を見ているのかもしれません。

    >レジストリ内には見つけられませんでした(見過ごしているのかもしれませんが)。

    上記については、欲しい情報はインストールの日時ではなく、検索の日時になりますので、少し意味合いが異なってくるかもしれません。

    こちらの確認では、HKEY_CURRENT_USER配下にそれらしき情報が存在するのは確認しましたが、ログオン前にも情報を参照するためHKEY_CURRENT_USERの情報は厳しいかなと思っています。

    本件、MSDNテクニカルサポートの方でも問い合わせていますので、そちらの回答も待ちたいと思います。他にWUAやWMIとかでも取得できないか期待しているのですが。。。

    以上

    2015年10月23日 1:26
  • 最終更新日時の取得について、回答がありましたので展開しておきます。

    公開されている情報はなかったとのことで、調査した結果、以下に存在するとのことでした。

     C:\ProgramData\USOPrivate\UpdateStore¥updatestorexxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx.xml

      エントリは、<LastUpdateCheckTime dataType="21">130900478501739697</LastUpdateCheckTime> です。

    130900478501739697 "20151023 13:24:10" (UTC)を示しており、以下で変換できるとのことでした。

    PowerShell Get-Date コマンドレット

     UTC 表記:

     PS C:\> (Get-Date 130900478501739697).AddYears(1600)

     20151023 4:24:10

     JST 表記:

     PS C:\> ((Get-Date 130900478501739697).AddYears(1600)).AddHours(9)

     20151023 13:24:10

    以上です。

    • 回答としてマーク 佐伯玲 2015年11月2日 4:06
    2015年11月2日 2:28