none
Windows server 2008 r2 環境でCドライブの空き容量が0KBとなってしまいました。 RRS feed

  • 質問

  • 質問失礼いたします。

    Windows server 2008 r2 環境でCドライブの空き容量が0KBとなってしまい解決方法を検討中です。

    Cドライブの容量 100GB

    うちWindowsフォルダの容量が70GBです。

    Windows updateの設定を、「更新プログラムをダウンロードするが、インストールするかどうかは確認する」の設定で、全てのインストールをしないまま放置された状態で、現在に至ります。

    このとき

    更新を適用すれば容量は減りますでしょうか?

    または

    インストールされていない更新のWinSxSの中身を削除しても大丈夫でしょうか?

    ディスクのクリーンナップなどを試してみたいのですが、まずインストールする容量をあけなくてはならないので困っています。

    なにか良い策がありましたらよろしくお願いいたします。

    2016年6月21日 10:47

回答

  • ご回答有難うございます。

    早速本日、上記手順を一通りためさせていただきました。

    結果として、3GBの空き容量を作成することができ、ディクスクリーンアップツールをインストールすることが出来ました。

    ただ、ディスククリーンアップ後も思うような容量が確保できず、詳細に確認したところ

    TEMPフォルダの中身が、cabで始まるファイルが大量に出来ており、容量40GB以上になっていました。

    そこで、削除できないかと調べた結果、以下の記事にあたり下記の記事にあたり対処が出来ました。

    https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2015/04/15/cwindowstemp-cab_xxx_x-x-37327/

    丁寧な回答有難うございました。

    • 回答としてマーク shimizu_807 2016年6月22日 9:32
    2016年6月22日 9:31

すべての返信

  • 参考に、私が実際に行っている事を書いてみます。

    まずは %temp% フォルダー内の *.tmp を削除してみて下さい。
    コマンドプロンプトで del /s /a /q %temp%\*.tmp

    インターネットオプション→[閲覧の履歴]にある[削除]から、インターネット一時ファイルを削除

    ※ここからはCドライブ以外に空容量のある固定ドライブ(又はパーティション)がある事が前提で、自信がある場合
    空きが出来ましたら、xcopyコマンドで C:\Windows\Installer フォルダを別ドライブにコピーします。
    コマンドプロンプトで xcopy /e /d /h /r /x /k /c /i C:\Windows\Installer D:\Windows\Installer
    ※Installerフォルダーは システム+隠し属性 が付いていますので、デフォルトでは見えません。

    コピーが出来たら C:\Windows\Installer フォルダの名前を一時的に変更します
    C:\Windows\Installer → C:\Windows\_Installer など

    こちらのサイトを参考に、MKLINKコマンドで Installerフォルダーのジャンクションを作成します。
    コマンドプロンプトで MKLINK /j C:\Windows\Installer D:\Windows\Installer

    その後、C:\Windows\Installer の中身を確認した後、先程リネームした C:\Windows\_Installer フォルダーを削除します。

    実行後のフォルダーは↓の様になります。

    C:\Windows>dir /a *.
     ドライブ C のボリューム ラベルは OS です
     ボリューム シリアル番号は xxxx-xxxx です

     C:\Windows のディレクトリ

    2016/06/21  16:46    <DIR>          .
    2016/06/21  16:46    <DIR>          ..
    2009/07/14  14:32    <DIR>          addins

    ~中略~

    2012/05/16  17:58    <DIR>          idmu
    2010/11/21  16:14    <DIR>          IME
    2016/06/20  02:14    <DIR>          inf
    2013/08/10  10:57    <JUNCTION>     Installer [D:\Windows\Installer]
    2016/05/23  16:42    <DIR>          ja
    2016/05/18  16:45    <DIR>          ja-JP


    これである程度空きが出来ると思いますので、ディスククリーンアップツールをインストールしてから実行してみて下さい。

    間違ってもディスククリーンアップツールを使わずに、WinSxSフォルダーの中身を直接削除しないで下さい。またWinSxSフォルダーは上記の方法等による他のドライブへは移せません。

    あとは、古いログファイルをチェックしてみるのも良いかもしれません。
    C:\Windows\System32\LogFiles
    IISを運用している場合は C:\inetpub\logs\LogFiles


    • 編集済み NismoR34X 2016年6月21日 15:15
    2016年6月21日 11:58
  • ご回答有難うございます。

    早速本日、上記手順を一通りためさせていただきました。

    結果として、3GBの空き容量を作成することができ、ディクスクリーンアップツールをインストールすることが出来ました。

    ただ、ディスククリーンアップ後も思うような容量が確保できず、詳細に確認したところ

    TEMPフォルダの中身が、cabで始まるファイルが大量に出来ており、容量40GB以上になっていました。

    そこで、削除できないかと調べた結果、以下の記事にあたり下記の記事にあたり対処が出来ました。

    https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2015/04/15/cwindowstemp-cab_xxx_x-x-37327/

    丁寧な回答有難うございました。

    • 回答としてマーク shimizu_807 2016年6月22日 9:32
    2016年6月22日 9:31