none
複数のコンテンツ タイプをドキュメント ライブラリに設定する場合 RRS feed

  • 質問

  • いつも参考になっています。ありがとうございます。

    ドキュメント ライブラリに複数のコンテンツ タイプを設定すると、新規メニューに設定したコンテンツ タイプが複数表示されます。
    いずれかを選んで同じライブラリに保存しようとすると、コンテンツ タイプを選択するダイアログ ボックスが表示されます。
    このダイアログ ボックスを表示せずに、選択したコンテンツ タイプで保存するように設定できないものでしょうか。

    準備:
    コンテンツタイプ contA を作成する。テンプレート contA.xlt を (リンクではなく) アップロードして指定する。
    コンテンツタイプ contB を作成する。テンプレート contB.xlt を (リンクではなく) アップロードして指定する。
    ドキュメント ライブラリ myLib を作成する。コンテンツ タイプの管理を許可にして、contA および contB を追加する。既定の "ドキュメント" コンテンツ タイプは削除する。承認は必須、メジャーバージョンによる管理、チェックアウトを必須にする。

    再現:
    以上で、myLib の [新規] メニューに、contA と contB が表示されるようになります。
    この状態で [新規] メニューから contB を選択すると、Excel 2007 が起動して、テンプレート contB.xlt から新規作成された文書が開きます。
    文書に適当に変更を加えて、任意の名前で myLib に保存するようにします。
    ファイル名を入力して [保存] ボタンをクリックすると、[ドキュメントの種類の選択] ダイアログ ボックスが表示され、contA または contB のコンテンツ タイプ ([ドキュメントの種類]) を選ぶように促されます。

    期待:
    ユーザーとしては、[新規] メニューで contB を選択したので、この [ドキュメントの種類の選択] ダイアログ ボックスを表示させずに、既定で contB コンテンツ タイプで保存してもらいたいです。



    何か方法はありますでしょうか?
    よろしくお願いします。

    Lancelot_t
    2009年12月11日 2:13

回答

  • 自己解決しました。

    テンプレートにしたいファイルを一度ライブラリに保存し、適切なコンテンツ タイプを設定します。
    その後、そのファイルをダウンロードして、コンテンツ タイプのテンプレートとしてアップロードします。

    手動でテンプレートのプロパティに ContentTypeId を設定もしてみたのですが、これは効果を発揮しませんでした。

    もしかしたら、ファイルのさらに内部にコンテンツ タイプに結びつく何かを保存しているのかもしれません。

    いずれにせよ、この手法で先へ進めました。
    • 回答としてマーク Lancelot_t 2009年12月16日 6:35
    2009年12月16日 6:35