none
Windows Update(20H1)後に「この製品のライセンスを確認できませんでした」 RRS feed

  • السؤال

  • いつもお世話になっております。

    WindowsUpdate(20H1)が適用されて以来、多くのPCでOfficeを使用する度に、「この製品のライセンスを確認できませんでした。コントロールパネルを使ってOfficeを修復して下さい」というメッセージが出るようになりました。

    この通り修復を行うと、Office2010の場合は、修復されるようですが、Office2016,2019の場合は、修復しても改善されない状況になっています。取り敢えず、警告はOKをクリックすれば無視できるのでそのままにしておりました。

    しかし、一部のPCで、今月末まで解消しないとOfficeが利用できなくなるというメッセージ(画面ショットは取り損ねているので正確なメッセージではありません)が出るようになり、修復インストールをしたところ、Microsoftアカウントでサインインをしなさいとの警告画面が出る様になりました。

    ボリュームライセンスでインストールしているため、ボリュームライセンスで登録しているアカウントでサインインし、必要な情報を入力したところ、認証キーに誤りがあるとその先に進めません。

    この現象が出ているのは、まだ一部のPCだけで、その違いが今のところ掴めていませんが、今後同じ現象が発生したらと思うと、パニックに陥ることになります。

    Office365への切り替えを前提にしているのか、認証の方法やインストールの手順が変わってきているがための問題だと思うのですが、非常に困っています。

    同じような状況になっている方が他社にもおられると思うのですが、どのように対処されているか、アドバイス、情報を頂けないでしょうか?

    よろしくお願い致します。


    27/شوال/1441 01:23 ص

جميع الردود

  • 投稿者です。

    ボリュームライセンス認証管理ツール ospp.vps を使って、
     cscript"c:\Program Files\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs"/act

    と実行すると、更新はかかったようにメッセージが出るのですが、相変わらず認証できないと出てきます。

    修復インストールを諦め、アンインストールしても認証できません。

    F/Wやウィルス対策ソフトの影響でWindowsUpdateが不完全にあたってしまっているのでしょうか?

    02/ذو القعدة/1441 09:55 ص
  • 投稿者です。

    その後の状況と顛末をお知らせします。

    埒が明かないので、マイクロソフトのプロサポートに問い合わせました。

    状況を伝えましたがなかなか返事が返ってきませんでしたので、並行して、ウィルス対策ソフト(F-secure)の観点からも調べることにしました。そこで、F-secure側から見た、WindowsUpdateの適用状況を調べたところ、現象の出ているPCと、WindowsUpdateが正常に適用されていないPCとがほぼ合致していることが判りました。

    F-secureのサポートに問い合わせたところ、そうした事例があり、\HKEY_USERS\S-1-5-20 のアクセス権で、NETWORK SERVICE というグループへのアクセス権を調べてくれという情報を貰いました。

    見ると、現象の出ているPCについては、このグループ自体が無く、手動でグループを追加して、フルコントロールのアクセス権を付けたところ、現象が出なくなりました。

    現象は出なくなったのですが、なぜこのような現象が出るのか判らないので、本当の解決と言えないため、マイクロソフトにその旨を伝えたところ、同じような事象の報告は上がっているが、当社の環境では状況が出ていない、このため、その原因を調べるには、もう一つ別の窓口(プロサポートのようなインシデント契約ではない契約)を通じて調査する必要がある、と伝えてきました。

    結果的にマイクロソフトには、何も成果を貰っていないのですが、結局、1インシデント分の費用を請求されます。それどころか、原因が判らないので、それを調べるにはさらに費用が要る、という主張です。しかもプラス1インシデントではなくそれ以上の費用だというのも変な話です。

    担当者が言うには、プロサポートは既知のトラブルと照らし合わせての調査、案内をする役割であり、複合問題を起因としているトラブルに対しては、1つずつに対してインシデントが発生するとのことで、この問題については、調査する部門が違うので、別のルートで調査するということらしいです。

    納得いかないのですが、こんなものなんでしょうか? 

    この場で主張しても意味がないかもしれないですが、プロサポートを受けられた方のご意見を頂ければ幸いです。

    15/ذو القعدة/1441 09:13 ص
  • プロフェッショナル サポートは原則として一問一答ベースのサポートなので、サポート側で再現しない問題についての原因調査は対応範囲外になっちゃいますねえ。


    Hebikuzure aka Murachi Akira

    15/ذو القعدة/1441 09:34 ص
  • そういうサービスであると定義されていること(FAQ も参照)と、プロフェッショナル サポート ファミリー契約約款 にも書かれています。それに同意されて利用されているはずでは…?

    • ”お客様のお問い合わせ内容が本サービスでの対応範囲を超えると MS が判断した場合 (例えば、「製品をまたがる問題の切り分け」「プロ グラム開発の請負、サンプル作成、およびデバッグ作業」「データ復旧の保障」「原因を究明するための調査」「プログラムの変更、独自開発コード の生成」「コンサルティング業務」など) は本サービスでの提供はできない
    • "お客様のインシデントは、インシデントの元となった案件に対して、 MS のエンジニアが調査を開始した時点および、MS のエンジニアの対応が 60 分を超えた時点で消費の対象となり、調査開始後のお問い合わせのキャンセルはできないものとする。"

    なお、こういったサービス・範囲であると理解しているので、私は「誰でも再現でき、かつエビデンスが欲しい案件」で「Visual Studio Subscription の無償インシデント」を使うぐらいしか、プロフェッショナルサポートは利用していません。
    どうしても本腰入れて Microsoft を頼りたいなら、ユニファイドサポート(旧プレミアサポート)を契約することでしょう。(レイバーをある程度まとめて買う必要があるので、百万円かける覚悟は必要かと思います)

    個人的な感覚に過ぎませんが、適切に問題の切り分けや再現環境の手配、インシデント分割に陥らないような聞き方の工夫などの事前準備ができる状況・体制でもなければ、プロフェッショナルサポートを使っても満足する結果は得られないか、門前払いになると思います。

    • تم التحرير بواسطة AzuleanMVP 15/ذو القعدة/1441 12:40 م
    15/ذو القعدة/1441 12:25 م
  • Hebikuzure aka Murachi Akira さん

    Azulean さん

    コメントありがとうございました。

    契約約款は事細かに読んでいませんが、たとえ自社製品に非があっても、その証拠を見つけない限りは、言われたことしかやらないという宣言文ですね。いい勉強になりました。

    Azuleanさんの仰る通り、今後はプロフェッショナルサポートは使わないと思います。プロフェッショナルという名前は紛らわしいですね。フォーラムで情報を提供して頂いている方々の知見と互助精神に頭が下がります。

    17/ذو القعدة/1441 06:01 ص
  • 「原因究明や修正」ではなく、「緩和策・回避策の提供でトラブルを避けられれば良い」というスタンスで利用する必要があります。
    開発チームによるソースコード調査などは範囲外なので、エンジニアが再現できないと、緩和策・回避策の調査もできないので手詰まりとなると言う具合です。

    ユニファイドサポートになってくれば、送ったダンプを元に調査してくれる、ログの採取方法の助言もしてもらえるなど、一緒に調査してくれるといった対応となり、原因究明寄りになります。

    まあ、製品を一緒に作っていくなど、普段からいろいろと聞く間柄でないと初期投資が厳しいと思いますので、Microsoft に直接頼るよりはコンサルや SI 業者を頼りにし、そこを足がかかりに間接的に Microsoft を頼るか、原因究明するという考えを捨てて、回避・運用できれば良いと考えるかですね。

    • تم التحرير بواسطة AzuleanMVP 17/ذو القعدة/1441 01:32 م
    17/ذو القعدة/1441 01:31 م