none
新Edgeを配信するには? RRS feed

  • 質問

  • WSUS環境で新Edge(chromium edge)の配信をしたいので、WSUSの同期する製品をedgeを追加して、分類に更新をいれてあります。

    同期して表示されてきた更新プログラムをすべて承認したのにいまだにクライアントは必要としていません。

    旧Edgeから新EdgeにするのはWSUSから本当にできることなんでしょうか
    検証している方いれば情報共有行いたいです

    よろしくお願いします。

    2020年1月16日 9:14

すべての返信

  • WSUSを通じた、つまりWindows Updateを通じたEdge更新は基本的には、現在行われません。
    2020年4月1日以降であるとMicrosoft社が明言しました。

    また、旧Edgeからは、新Edgeへ徐々に移行が行われる予定です。


    ■新しい Microsoft Edge へのアップグレード
    https://blogs.windows.com/japan/2020/01/16/upgrading-new-microsoft-edge-79-chromium/
    ====引用ここから
    ※日本のお客様に対しては、確定申告への影響を考慮し、
    Windows Updateを通じた新しいMicrosoft Edgeの配信は令和2年4月1日以降、順次開始される予定です。

    Microsoft Edge の手動インストールを希望しない場合は、
    Windows 10 の今後の更新プログラムによってインストールされるまでお待ちいいただくことができます。
    ロールアウトは、数か月にわたる計画的な方針に沿って進めていきます。
    今後数週間のうちに Windows 10 のお客様を新しい Microsoft Edge に移行する作業を開始いたします
    ====ここまで


    2020年1月16日 9:26
  • 返信ありがとうございます!!

    そういえばそうでした

    だとすると英語も同期すれば英語環境のクライアントは必要とする?はずですよね

    もう少し検証してみます

    2020年1月16日 9:49
  • 検証してみました!!

    WSUS:WS2016 Std x64 日本語環境 同期製品:Microsoft Edge 同期分類:すべて 同期言語:日本語・英語

    Client:Win10 en-us x64 & Win10 ja-jp x64

    この環境で全くクライアントは更新プログラムを必要としてきていません。

    しかしカタログから直接ダウンロードしたものはインストールできました。

    インストールはできるけど必要としていない状況のようです

    試しにクライアントのMicrosoft製品以外のWindowsUpdateで受信するオプション有効にしてみましたが特に変わりありません

    これ本当にWSUSからインストールできるんでしょうか

    2020年1月16日 10:39
  • Chromium  Edge 向け更新プログラムの説明を見る限り、これらは品質更新プログラムな様です。なので、これらを承認 (展開してもChromium  Edge がインストールされる訳では無いのでしょう。(別途、Chromium  Edge を展開する更新プログラムを承認してインストールする必要が有る)

     

    また、↓のアナウンスにも有りますが、ダウンロード版の提供が開始されただけで、Windows Update(WSUS  SCCM も含む経由での提供は今後数カ月にわたって計画的に実施していくとの事なのでまだ先の事だと考えられます。(数週間以内に Insider Program 向けに提供予定との事)

     

    https://blogs.windows.com/japan/2020/01/16/new-year-new-browser-the-new-microsoft-edge-is-out-of-preview-and-now-available-for-download/

     

    https://blogs.windows.com/japan/2020/01/16/upgrading-new-microsoft-edge-79-chromium/

    2020年1月16日 15:03
  • 「日本のお客様」という書き方なので、おそらくは OS のロケールだけでなく IP アドレスのジオ情報などを含めてスロットリングされるのだと思います(以前 IE9 の提供が震災の影響で延期されたときもそうだったはず)。


    Hebikuzure aka Murachi Akira

    2020年1月17日 2:42