none
予期せぬ再起動が発生した場合の調査 RRS feed

  • 質問

  • 本記事はマイクロソフト社員によって公開されております。

    いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

    Windows プラットフォーム サポートの石田です。

     

    弊社にお問い合わせいただく際に、事前に採取しておいたほうが良い内容についてご紹介させていただきます。

     

    今回のテーマは「予期せぬ再起動が発生した場合の調査について」です。

     

    その他の事象に関しては以下の公開情報をご確認ください。

    Microsoft サポートサービスへお問い合わせいただく際に採取しておいたほうがよい資料について

     

    //採取いただく資料

    ・メモリーダンプ ※ 作成されていた場合

       %systemroot%\MEMORY.DMP

       既定のパスは C:\Windows\MEMORY.DMP

    ・情報採取スクリプト (shacollector) のサポートログ情報 (support オプション)

     

    情報採取スクリプトファイルの取得について

    ========================================

    下記 URL にアクセスしていただき 「shacollector.zip」をダウンロードします。

     

    https://github.com/microsoft-sha/shacollector/raw/master/shacollector.zip

     

    資料採取対象のマシンにダウンロードしたファイルを任意の場所に配置し zip ファイルを展開します。

     

    (注意)

    shacollector は機能の拡張などにより内容が変更されることがあります。

    そのため、毎回上記のダウンロード先から shacollector を取得いただき

    利用してください。

     

    ===

     

    資料採取の流れ

    ==============

    1. 採取用スクリプト (shacollector.zip) を資料採取対象のマシンの任意の場所にコピーし展開します。

    2. 採取用スクリプトを利用してサポートログ情報を採取します。

     

     

    サポートログ情報の採取

    ======================

    ※ バッチファイルではログファイルのコピーやコマンドを実行しております。

       システムに負荷をかけるような操作は実行しておりませんが、サービスへの

       影響が懸念される場合は、影響のない時間帯にご実行ください。

     

    コマンド プロンプトを管理者モードで起動し、shacollector.zip を展開したフォルダーの

    バッチファイル (shacollector.bat) を support オプションを指定して実行します。

     

    > shacollector.bat support all "出力先フォルダー名"

     

    ※ 出力先フォルダー名を指定しない場合は、既定の C:\mslog に保存します。

     

     

     

    本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


    2019年12月10日 23:56
    所有者