none
Windows Information Protectionの仕様について RRS feed

  • 質問

  • WIPの仕様についての質問です。

    お客様へのWIP提案を検討しており、検証のためにWIP Setup Assistantを利用してWIPの設定を作成、適用しました。

    この時にAllowed List of ProgramsからWIPの保護対象となるアプリを選択しますが、ここで保護対象にしていないアプリからのhttps通信がブロックされます。

    具体的には、保護対象にしているFireFox / IEは問題無くhttpsのサイトにもアクセスできていますが、保護対象にしていないChromeからはhttpsのサイトに一切アクセスできなくなっています。

    httpsのサイトにChromeでアクセスしたタイミングでブラウザ上に表示されるメッセージは[インターネットアクセスがブロックされています]です。

    WIPは保護対象にしていないアプリからのSSL通信をブロックするような仕様となっているのでしょうか?

    2018年8月28日 6:38

すべての返信

  • 検索したら出てきましたがこの辺りはお役にたちますか?

    Internet access is blocked on 3rd party browsers on windows 10 devices that are applied with windows information protection (WIP) policies using intune
    http://eskonr.com/2017/10/allow-3rd-party-browsers-on-windows-10-devices-that-are-applied-with-windows-information-protection-wip-policies-using-intune/
    2018年8月28日 8:39