none
証明書をインストールしようとしたのですが、エラーとなりインストールできない RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    証明書をインストールしようとしたのですが、エラーとなりインストールできないのですが、

    どのように対応すれば解消しますでしょうか。

    また、フォルダのアクセス権限の問題が考えられるため、どのフォルダに証明書が

    インストールされますでしょうか。


    【エラーメッセージ】

    内部エラーが発生しました。ユーザー プロファイルにアクセスできないか、インポートしている秘密キーはシステムにインストールされていない暗号化サービス プロバイダーが必要である可能性があります。


    【行った操作】

     1.お客様で証明書(*.cer)を発行。

     2.証明書(*.cer)をダブルクリックし、「証明書のインストール」→「保存場所 : 現在のユーザ(C)」→参照ボタンより「[信頼されたルート証明機関]」を選択しインストールをしようとすると、上記のエラーメッセージが出力された。


    【その他】

     私の検証PCでは問題なくインポートはできるのですが、お客様のPCで実施するとエラーが発生します。

    下記スレッドで質問させていただいている内容になります。

    証明書のインストールでエラーが発生

    2017年1月24日 9:33

すべての返信

  • Microsoft コミュニティ「証明書のインストールでエラーが発生」からの続きです。


    hebikuzure

    2017年1月24日 11:32
  • 追加の情報になります。

    ADに登録しているユーザの「プロファイル」欄について、”c:\Users\mandatory”を指定していますが、

    ”c:\Users\mandatory.V2”を指定すると証明書のインストールが出来たとのことです。

    一般的な移動プロファイルの場合は”c:\Users\ユーザ名"を指定すると”.V2”を

    指定しなくてもよいという認識ですが、”c:\Users\mandatory”(固定プロファイル)の

    場合、”.V2”を指定する必要があるのでしょうか。

    2017年2月24日 8:46
  • つまり証明書をインストールしようとしているユーザーは固定プロファイルなのでしょうか?


    hebikuzure

    2017年2月24日 10:45
  • 固定プロファイルです。

    よろしくお願いします。

    2017年3月3日 2:58
  • 実際の固定プロファイル フォルダーは Windows のバージョンにより Mandatory.v2 だったり Mandatory.v3 だったり Mandatory.v4 だったりが使えるので、明示的に指定した方が良いのではないかと思いますが、明確なエビデンスとなるような公開情報は見つからないですね。


    hebikuzure

    2017年3月3日 6:05
  • ご返信、ありがとうございます。

    現状、進展がない状況です。

    何か気になる点があれば、ご教授をお願いします。

    2017年4月21日 10:51
  • こんにちは、

    Win8ではなくて、手元のWin10(1607)端末に全く同じ状況発生しました、

    解消策としてドメインユーザーにロカール管理者権限を付与してあげれば問題なく証明書をインポートできました、

    ご参考まで。

    2018年12月10日 6:52