none
Excel 2013で起動時にクラッシュしてしまう現象について RRS feed

  • Întrebare

  • ※Microsoftコミュニティにて質問をさせていただいたところ、こちらで質問をすると情報が集まりやすい場合もありますとの参考意見をいただきましたので、質問をさせていただきます。

    -------------------以下本文------------------------

    まずは機器情報と障害状況について記載いたします。


    OS:Windows 8.1 Pro 64bit

    Office:Microsoft office professional plus 2013

    ビルド:15.0.4953.1000

    インストール後、Excelを通常起動しファイルを使用して保存などを行いパソコン再起動後に下記の現象が発生しました。

    Excelを通常起動後、空白のブックを選択すると「動作は停止しました」というエラー表示のあと、「プログラムを強制終了」という表示が

    出てしまいました。

    他のファイルから開いたり、セーフモードで起動すると起動時に同様のエラーが表示されます。

    イベントビューアーを見たところ、エラーログは次の内容となります。

    障害が発生しているアプリケーション名: EXCEL.EXE、バージョン: 15.0.4797 .1000、タイム スタンプ: 0x5694ffc0 障害が発生しているモジュール名: mso.dll、バージョン: 15.0.4953.1000、 タイム スタンプ: 0x59648cf8 例外コード: 0xc0000005 障害オフセット: 0x0025aa91 障害が発生しているプロセス ID: 0x1a5c 障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d332b9176359c2 障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files (x86)\Micros oft Office\Office15\EXCEL.EXE 障害が発生しているモジュール パス: C:\Program Files (x86)\Common Files \Microsoft Shared\Office15\mso.dll レポート ID: 5618b230-9eac-11e7-8283-08d40c36036b 障害が発生しているパッケージの完全な名前: 障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID:

    PCを再起動したり、Officeの修復を行っても改善されず、セーフモードで起動も出来ない為アドインの確認も出来ない状態でした。

    その後、WindowsUpdateを実施したところ適用されていないものがあり、適用後通常通り起動出来るようになりました。

    現象は解決したのですが、発生原因について教えていただきたく質問いたします。

    よろしくお願いいたします。

    vineri, 22 septembrie 2017 08:31

Răspunsuri

  • 例外コード: 0xc0000005」となっているので STATUS_ACCESS_VIOLATION のエラー。。。。つまりメモリ アクセス違反によるアプリケーション クラッシュです。
    恐らく Excel のプロセス空間にアタッチする 3rd ベンダー製ソフトウェア モジュールが存在していて、それの影響だと思います。
    Windows Update で改善したのは、その 3rd ベンダー製ソフトウェアの問題が、Windows Update により解消されたのかも。
    Excel プロセス空間にアタッチしている 3rd ベンダー製ソフトウェア モジュールは、"Process Explorer" というツールで確認できます。
    もし Windows Update 以前の状態に戻して、問題現象を再現できるのであれば、アプリケーション クラッシュ発生時のプロセス ダンプを採取してそれを解析すれば、問題原因を特定できる可能性があります。
    ただし、解析手順はそれなりに面倒です。
    luni, 25 septembrie 2017 03:12