none
.NET Framework 3.5 を有効化する手順について ( Windows 10 ) RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。Windows プラットフォーム サポート Setup チームの濵谷です。

    今回はよくお問い合わせいただくWindows 10 上の .NET Framework 3.5 有効化の方法についてご紹介いたします。


    .NET Framework 3.5 について

    .NET Framework 3.5 は、Windows 8.1 以降既定のインストールでは有効化されません。

    また、OS を標準設定でインストールされた Windows には .NET Framework 3.5 を有効化するためのソースとなるファイルが存在しておりませんので、インターネット上もしくはインストール メディアから用意する必要がございます。

    [オンライン環境での .NET Framework 3.5 有効化について]

    Windows Update に直接繋がる環境であれば、コントロール パネル内の簡単な操作で有効にする事が出来ます。 Windows Update サイトへの接続を制限している環境については、以下 [オフラインでの .NET Framework 3.5 有効化について] をご参照ください。

    [オフライン環境での .NET Framework 3.5 有効化について]

    インターネットに接続出来ない、Windows Update サイトに接続出来ない等のオフライン環境でインストールする際には、Windows のインストール ディスクもしくはインストール ISO (インストール イメージ ファイル) をソース ファイル として用います。

    ISO 内 \sources\sxs フォルダーにある .NET Framework 3.5 のソース ファイルを DISM コマンドによりインストール ソース ファイルとして指定します。
    ※ インストール ディスク、インストール ISO は現在ご利用のバージョンに対応したメディアをご使用ください。


    インストール手順

    .NET Framework 3.5 のインストール手順は 2 種類あります。

    1 つ目はコントロール パネルより、Windows 10 にインストールする方法です。( Windows Update に直接接続できる環境で利用します。)


    1. コントロール パネルより、.NET Frameworkを有効にする。


    1-1 コントロール パネルのプログラムを選択し、プログラムと機能の中の「 Windows の機能の有効化または無効化」を選択します。

    win10_1

    win10_2

    1-2 有効化する場合は、.NET framework 3.5 のチェック ボックスをオンにします。

    win10_3

    2 つ目はコマンドによって、Windows 10 にインストールする方法です。(Windows Updateに直接接続できない環境などで利用します。)


    2. Dism コマンドにより、.NET Framework 3.5 を有効化する。


    2-1 上述の[オフラインでの .NET Framework 3.5 のインストール ソースについて]の部分で紹介したインストール メディアを用意します。

    2-2 インストール メディアをドライブ(例 D: )にセットして、管理者としてコマンド プロンプトを実行します。

    C:\Windows\system32>Dism /online /enable-feature /featurename:NetFX3 /all /Source:D:\sources\sxs\ /limitaccess

    win10_4

    2-3 コントロール パネルを開き、プログラムと機能の中の「 Windows の機能の有効化または無効化」を選択し、.NET Framework 3.5 が有効化されているかを確認します。

    win10_5


    参考情報


    Windows 10 上の .NET Framework 3.5 有効化の際の一助となりましたら幸いです。

    なお、本記事は予告なく変更される場合がございますのでご了承下さい。

    2018年11月13日 9:59
    所有者