何かの場合に、起動オプションとして -m を指定することで、Microsoft SQL Server をシングルユーザーモードで起動する必要があるかもしれません。

例えば、障害が発生した master データベースや他のシステムデータベースを復旧するために、サーバー構成オプションを変更したいような場合です。

SQL Server をシングルユーザーモードで起動する際に、次の点に注意してください。
  • サーバーに接続できるユーザーは 1 人のみです。
  • チェックポイントのプロセスは実行されません。既定(マルチユーザーモード)では、スタートアップで自動的に起動して実行されます。
シングルユーザーモードの SQL Server インスタンスに接続する前に、SQL Server Agent サービスを停止してください。そうしないと、SQL Server Agent サービスのユーザーがその接続を利用してしまうので、接続しようとしてもブロックされてしまいます。



関連項目

他の言語